シニアの居場所・休憩場所:横浜駅周辺、そごう横浜、ビブレ

横浜周辺で仕事をしている私は、ランチ後に眠くなるため仮眠場所を見つけている。60歳を過ぎると何故か食後1、2時間後に無性に眠くなる。無理やり起きていることも出来るが、仕事の効率が悪くなるのが分かる。目を使うインターネットの仕事は、目と脳を疲れさせる。午後、15分でも仮眠すると目と脳がスッキリする。

スタバの店内で仮眠しても良いのだが、どうも、いびきをかいてしまうらしい。できるだけ、仮眠は迷惑にならない場所でしようと心がけている。横浜駅周辺でゆっくりと他人を気にせずに休める場所を紹介したい。restroom

どの商業施設でもトイレ近くに休憩場所がある!

ただ、体を休めるだけの休憩場所仮眠まで出来る休憩場所では、探す難易度が違う。疲れた体を休めたいだけならば、カフェに入れば良い。コーヒーを飲みたくなければ、デパートの中にある休憩用の椅子を見つければ良い。探すのにそれほど苦労はしない。

ただ、

仮眠ができるような椅子を探せる場所は限られている。

sofa

こんな椅子であると仮眠がしやすい。(1)そごう横浜デパート2階PRADA近くのトイレあたりにこのような椅子が4つ置かれている。さらに、4つトイレの入口あたりに4つのいすがある。ビルの角にトイレがあるのでちょっと探さないと見つからない。

横浜駅西口近くにある(2)ビブレビルの2階にあるスターバックス店の入口近くに2つの大きめのソファーが置かれている。午前中は、利用者が少ないのでゆっくり出来るが、ランチ時間帯から夕方まで若い人たちが独占する。

座って休むだけならば、(3)横浜駅のルミネ各階に休む椅子がトイレ近くに置かれている。休憩場所は、商業施設に多い。横浜の地下街には残念ながらカフェ以外に足を休める場所はない。

あと、

(4)ムービル映画館の待合スペースにソファーや椅子が置かれている。映画を待っている人たち向けであるが、暇つぶしでシニアが座っているときも多い。探せばまだあるのかもしれないが、公共施設で仮眠ができるような居場所がないのが残念だ。

シニアの人口が増えてくる内に高齢者が休める場所も徐々に増えてくるだろう。商業施設は、特にシニアの消費と集客を意識し始めるのは確かだ。外を眺めながら足を休めるならば、(5)横浜ベイスターズクォーターのマクドナルドに行くと良い。店の外にテーブルと椅子がたくさん置いてある。

老人たちが横浜の街に刺激を求めて外出してくるが、ゆっくりと暇を過ごす憩いの場所が一つでもあると助かる。

この記事「シニアの居場所・休憩場所:横浜駅周辺、そごう横浜、ビブレ」のポイントは、

  • 横浜駅周辺でゆっくりと他人を気にせずに休める場所を紹介したい。
  • (1)そごう横浜デパート3階のトイレあたり、(2)ビブレビルの2階にあるスターバックス店の入口近く、(3)横浜駅のルミネ各階に休む椅子がトイレ近く、(4)ムービル映画館の待合スペース、(5)横浜ベイスターズクォーターのマクドナルド

 


メール