75歳以降の年金収入が平均で100万円前後ならば自分でビジネスを始めるのが良い!

75歳を過ぎれば、多くのシニアは働くことをやめる、または働きたくても働く仕事が無くなる。その結果、収入は、年金だけになる。国民年金だけであると年金収入が世帯で100万円前後になるという。厚生年金や企業年金がある世帯は、200万円前後だと言う。シニアガイドの記事を読んでそれがわかった。

これから見ても老後は多くの人が国や会社からの年金に依存する。私の世代、60歳代、は、国民年金の額がもっと低くなる。仕事があれば、金融資産が多くあれば、お金で老後を心配することはないだろうが、多くのシニアは仕事も十分な金融資産もない。

老後の幸せは、お金だけで図ることは出来ない。私は、お金よりも健康な体が一番重要視する。健康な体プラスお金があれば幸せを感じやすくなる。

お金が足りなくなるのは分かっている。だから、今から自分でお金を得る方法を作り出すことだ!

歳を取れば取るほど、健康な老人が雇用されて給与を得るという仕組みから強制的に外される。老人(60歳以降のシニア)は自分でお金を稼ぐしか残らない。私は自分のビジネスをするビジネスオーナーであるから、人を雇用する時の心理状態が分かる。私のビジネスで人が必要になれば、若者を雇用する。どんなに我慢しても65歳以降のシニアは雇用しない。

65歳以降のシニアは、誰かにぶら下がって給与をもらうという思考から早く脱却することだ。もう、給与を定期的にもらえる世界に住んでいない。住んでいる世界は、年金と自営業の世界だ。お金が欲しければ、自分でビジネスを始める。もう、これしかない。この事実を受け入れないシニアは、苦痛を味わうはずだ。

75歳と言わず、年金を受給している65歳以降のシニアは、元気なうちにお金で困らない質素な生活スタイルに変えるか、自分でおカネを稼ぐビジネスを構築するかだ。今よりも生活水準を下げるのは非常に苦痛だ。老人が節約できる範囲は限られている。

  1. 家賃
  2. 電気、水道、ガスなどの公共料金
  3. 通信(電話)や新聞費
  4. 食費
  5. 衣類
  6. 交通費
  7. 医療費
  8. 娯楽 

思いつくだけでこのぐらいだ。私が節約するとしたら、2番の公共料金から始める。次に減らせるのが5番の衣類と6番の交通費(健康で足が動けば)ぐらいだろう。最後に4番の食費だ。

2番の通信と8番の娯楽は、最後の切り札になる。通信は外の世界との命綱。新聞はスーパーの特売情報を得るチラシが目的だ。生活を質素にすることには限界がある。

むしろ、

生活を良くすることに知恵と労力を使ったほうが良い!限界がないからだ。

自分のビジネスを作る出すには、試行錯誤が伴う。ビジネスのアイデアを実験しながら実際にお金が入って来なければ意味がない。老人が始めるビジネスは、隙間商法である方が良い。競争が少ない小さな市場だ。老人の生活を助けるだけの収入が生まれるビジネスであればそれで十分だ。欲を出すと必ず失敗する。

老人は、色々な人生経験がある。人生経験からお金になるヒントを探すことだ。最初の多額の出費が出るビジネスはやめる。出費が最小でお金が入る仕組みを考える。サービスビジネスが一番身軽だ。老人が出来るサービスビジネス分野で自分の人生経験が役に立つビジネスの種を探すことだ。今、60歳代ならば試行錯誤を何回も行える。試行錯誤で失敗する回数が増えれば増えるほど成功の道に近づく。

この記事「75歳以降の年金収入が平均で100万円前後ならば自分でビジネスを始めるのが良い!」のポイントは、

  • 国民年金だけでは十分な生活を送れない。75歳以降の平均年金収入が100万円前後だという。少ない。
  • 節約する生活には限度がある。おカネを稼ぐ仕組みを今から考えて試行錯誤の実験をする。それしかない。
  • 老人のビジネスは、人生経験の中からヒントを掴むことだ。


メール